私が開院した理由 | 多くの方々から最後に選ばれる【アフター整体院】 | プロも推薦する松戸市の人気整体院


HOME > 私が開院した理由

私が開院した理由

それはずばり親になって子育ての大変さ、母親の苦労を知ったからです。

写真

私は幼い頃から祖母が大好きでした。
福島にいる祖母には年に何回かしか会えなかったのですが、年々腰が曲がって「痛い」と言っていたり、背丈も小さくなってくる祖母を助けたいという思いがありました。
福島には高齢者も多く、幼い頃から高齢者の方と当たり前に関わっていました。
そんな生活の中で高齢者の方々も好きになりました。

また、私自身が幼い頃から体が弱くて何度も命の危険な目にもあってきましたので、健康に対いての関心が高かったのもあると思います。
中学生くらいから将来は介護の仕事をしたいと思いました。

まずは介護職を志し、就職しましたが高齢者の方々から「もっと体が良くなりたい」「歩けるようになりたい」という声が多く聞かれる度に、もっと人の役に立ちたいという思いが強くなり、私はリハビリの先生(理学療法士)になりました。

「これで役に立てる」そう思ってリハビリ病院で働きましたが自分の技術不足を痛感しました。
先輩なら体を治すことができるのに私にはなかなかできない。
人の役に立つどころかお客さんにとっては迷惑になっている、邪魔になっているだけでした。
悔しくて何度も涙しました。

そこからは先輩の助言を受けたり、休みの日もほとんどセミナーに費やしました。
全国各地へ修行に行き、ほとんどこの期間は寝た記憶はありません。
給料も7割以上毎月使っていました。
出口が見えない戦いが始まりました。

そんな生活の中で長女が産まれました。
陣痛待ちをしていましたが緊急事態により緊急手術になりました。
もう少し遅かったら命の危険がありました。
この時には私も貧血で倒れたくらい心配しました。

その後の定期検診で「長女の心臓に穴が開いている」や「精神的な疾患の可能性がある」など心配なことが次々と言われました。
結果的には大丈夫でしたが医師からの言葉で妻は何度も泣きました。
私に初めて見せた涙でした。

自分や高齢者の事しか考えていなかった私が初めて女性の健康を考え始めました。
多くのお母さんが子供を心配し、不安を抱えている。
医師の言葉で涙を流している母親がたくさんいる。
そんな現状を知りました。

その当時の私は毎日リハビリで障害を負った方々と接するうちに障害を負うと生活が大きく変わること。
家族の負担も大きくなること。
核家族化や介護問題の大きさなど、常に私1人ではどうしようもない問題が目の前にありました。
病気にならないという重要性を現場から感じていたのです。

若いうちから自分の体を気にかけていれば高齢になった時に障害を防ぐ事が出来る。
子供や若い世代が健康であるならば高齢者の役に立てる力を増やす事が出来る。
そして我が子にも健康に育ってほしい。
私の妻のように不安を抱えている母親の為に役に立ちたい。
子供が安心できる環境を整えたい。
病気を治す立場から病気を防ぎたい、そんな考え方になっていきました。

そこで安全な治療法を模索していると「操体法」という素晴らしい施術に出会う事が出来ました。
ようやく自分が満足できる形が出来上がってきました。
そして病院の中だけでなく、地域で悩んでいる女性の施術をメインとした整体院を開業しました。

開業後もさらなる技術向上の為に定期的にセミナーへ出かけています。
開業時と変わらぬ思いで毎日お客様の施術を行っています。

-----------------------------------------------------------------------------

なぜ女性を応援するのか

私も子供が出来て初めて母親の強さを感じました。
子育てにおいて男は出来ないことも多く、母親には勝てないことも感じました。
母親の姿が見えないと泣きじゃくったりして、妻はトイレも子供から見えるように扉を開けていました。
夜に寝かせつけるのも私にはかなり苦労するのに妻には出来るのです。

市でやっている無料の子供の遊び場があったり、コミュニティがあったりすることも初めて知りました。
今はシングルマザーも増えているそうです。
小さい子供がいる中で働かなくてはならないという過酷さも目に見えてきました。

私自身体が弱かったので3歳まで毎日病院通いでした。
母親にはかなりの苦労をかけました。
幸い私の実家は母親が専業主婦だったので、子育てに時間を集中できたために悲しい思いはしませんでした。

しかし、私たちの周りには鍵っ子も多いと思います。
共働きじゃないと厳しい世の中なので子供も母親も悲しい思いをしている方は多いと思います。
そんな中で施術家として私にできることは何かないか考えました。

考えた結果、母と子が一緒に過ごせるときくらい幸せで大切な時間を過ごしてほしいと思いました。
そのときに肩が痛くて抱っこできなかったり、腰が痛くて出かけられなかったりするのは辛すぎます。
母親は子供の為にも、家族の為にも健康で長生きすることが大切だと思います。

一施術家として母と子の為の幸せの懸け橋となれるようにお手伝いをしていきたいと思います。

写真

私にとって子供は大切な宝物です。
わが子の為に元気でいることが親の責任かもしれません。
1つでも多くの家族の幸せの為に全力を尽くします。


西洋医学の問題⇒

なぜその痛みは治らないのか?⇒

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop


みのり台駅×接骨・整骨部門
2014年04月時点

プレゼント

メルマガ


整体院




アフター整体院

メニュー

当院のご案内

アフター整体院

住所:〒270-2231 
千葉県松戸市稔台7丁目2-22 山口ビル101号室

電話:047-711-7745

1日8人までの予約優先制

定休日
土曜日午後、日曜日、祝日

営業時間 9:00~13:00
      14:00~20:00

当院には県内では松戸市、鎌ヶ谷市、柏市、市川市、船橋市、流山市、野田市、白井市や東京都、埼玉県、茨城県などからも来院されています。

本
当院の施術法が掲載されました。
夢21 2014.4


本
当院の施術法が掲載されました。
わかさ夢MOOK 2014.3


当院のお客様の症状別ブログ

院長日記




アフター整体院 住所:〒270-2231 千葉県松戸市稔台7丁目2-22 山口ビル101号室 電話:047-711-7745

1日8人までの予約優先制

定休日 土曜日午後、日曜日、祝日

営業時間 9:00~13:00
      14:00~20:00



HOME - お知らせ♪ - 初めての方へ - 料金 - お客様の声 - プロフィール - ご予約・ご相談

他院との違い - 開院した理由 - こんな症状の方が来院されています

施術の流れ - 治療手技 - 当院の施術へのこだわり - プロからの推薦状 - 全国の治療家たち

リンク集 - よくいただくご質問

当院のご案内 - 経営理念 - 院内の様子 - 当院までのアクセス

周辺地図 - プロ向け個人レッスン - プライバシーポリシー - サイトマップ

ブログページはこちら - FACEBOOKページはこちら


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。